<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | category: - |
春の交通安全
すっかり暖かくなってきた。
仕事場の駐車場にあった3メートル以上の雪山も、
日陰部分に残すところあと40cmぐらい。

一般道は白線が眩しいほど美しい。
でも自転車やバイクが出てきたので、交差点ではかなり気を引き締める。



日勝峠の道路状況も「乾燥」の文字が目立ってきた。
こうなると一般車に限らず、大型トラックまでもがスピードアップして怖い運転を始めるので、気を付けなければ!

北海道警察ホームページ『死亡事故からみた星座別の特徴』
私は蟹座。週末の校外の事故に気を付けなさいとの事。
「ははぁ〜。 さすが、お見通しで。恐れいりやした!」
まったく、私を知っているかのようなお言葉。

手元にあるゴールド免許をいつまでも持ち続けたいので、
これからも安全運転を誓う。
| comments(0) | 15:58 | category: 日勝峠 |
いざゴールデンウィーク


さて、今日の夜より再び十勝へ移動する。
日勝峠、あいかわずの景色だが(また積もったしぃ・・・)、
まだミニオはスタッドレスだし、毎週のように気を付けて運転するのみ!
夏タイヤでウロウロしている人も多いのだろう・・・。

頼まれていた馬屋のホームーページも休み前に一段落した。
あとは最終の原稿やデータが送られてきて、完成へ。
ドメイン名が決まってから、たった一日でアップロードへ行き着いた。
最終作業が終われば検索エンジンに登録して開設となる。
鹿追へいる間に完成するかもしれない。
思えば一本の電話から始まったホームページ制作も、たった二週間の制作期間で、
よくここまでやれたものだと、我ながら感心。
まさに勢い人生の私・・・。

小遣いが入ったら、ついに、ようやっと、ミニオにフォグランプを!
たったこれしきの事が、長かった・・・。

あ、犬屋のホームページもあったのだった。
ミニオの屋根にルーフボックスまで行けるか??
ホームページ出来るたびに、ゴージャスミニオへ。(なんかゴージャス松本みたいな名だ)
| comments(0) | 14:37 | category: 日勝峠 |
霧霧霧(ムムム)!!
圧雪・アイスバーンの心配が無くなった日勝峠に、そろそろ霧の季節がやってきた。
午前10時の映像。


欲しい、欲しいと言い続けているのに、只今貧乏絶頂期の上、
安かったとは言えど、夏タイヤと、馬の鞍まで購入してしまったのだから、
ミニオにフォグランプがつくのはいつのことやら・・・。
「無くても良い物だから」と後回しになっているが、この峠の映像を見ると、
夜に移動する私は、さすがに純正ミニオライトだけではちょっぴり不安。
黄色いフォグランプが欲しい〜!と思い続けていたら、夢の中でルンルンに取りつけている自分が居た。

すでに夢の形を画像処理で実現。
最低(左)でも35,000円必要。あとは財布との相談となる。
6月、ショボイ「ボーナス」と名の付く小遣いが入ったら・・・?・・・考えよう。
| comments(2) | 10:15 | category: 日勝峠 |
げっ!


気温0度。
天候 ゆ、ゆ、雪〜!!??
路面状態、圧雪ぅ〜??!!

いくらなんでも、もう夏タイヤなんですけどぉ。。。

こりゃ、狩勝経由かな?
・・・と、眺めている間に「日勝峠通行止め」となりました。

結局、この日は日高から占冠を通りトマム、狩勝峠経由で鹿追へ向かうことに。
夕方からの雨はずっと続き、しかし、順調にいつもと変わらず日高までだどりつく。
日勝峠が通行止めだからだろうか?十勝へ進む車がいつもより少なく感じた。

日高の売上日本一セイコーマートの前では、交差点の真ん中で警察が通行止めの看板を立てて、ドライバーへ1人1人話しかける。
私のところへニコニコとやってきて、
「・・・って事ですぅ!道解るかい?わかんなかったら、前のこのトラックへ付いていったらいいわー。」
とご親切丁寧に明るく振る舞われる。
前の大型トラック・・・沖縄ナンバーやんけ・・・・。。。
まぁ、雨の夜道だし、とりあえず1人にならないようについて行くか〜と、
鹿追で待つメンバー達から“大丈夫か?コール”が何度かあったので
皆に心配かけてはならんと、その大型トラックにバッチリ安全運転でついて行く。
ずっと前後には車は居なかった。
向かいから来る車の列には、時々軽自動車なんかも混じっていて、
狩勝峠、現在小雪で路面はシャーベットとの発表だったが、タイヤは先週新品に変えたばかりだし、四駆にして行けば到着できない事はまず無いだろう、とミニオにエール。
日勝峠を通るよりも、この方法で鹿追へ向かうと20キロの距離が延びるが、
確かにアップダウンや急カーブが少なく、道路が広い分、運転は楽かもしれない。

落合から38号線へ入る。
“小雪なので、夏タイヤでは危険、十分注意するように”とのラジオの声虚しく、
後続から100キロ以上のスピードでどんどん追い抜きをかけてくる車が多い。
皆、迂回させられて、遠回りしてるので、イライラしているのだろか?
頂上付近は確かに路面はシャーベット状態のようだが、雨と濃い霧でよく見えない。
久しぶりに走った狩勝峠だが、確かに日勝峠よりも、抜きつ抜かれつの戦いが繰り広げられているように感じた。
しかし特に恐怖を感じることもなく、途中の鹿追への近道を曲がり、たった一台暗い山道経由で、九時、いたって平和に鹿追へ到着することができた。

雨、やまないかな〜と思いながら・・・。
| comments(0) | 14:56 | category: 日勝峠 |
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Archives
Search this site
Sponsored Links