<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | category: - |
山奥で神に会った
十勝について土曜日は朝から青空の広がる風の無い穏やかな天気。
昨夜の峠越えで、ミニオはてんぷらのように真っ白。
午前中6キロほど馬に乗ったあと、スノーシューをもって十勝のとある山へ・・・。

ちらりと鹿の姿が見えたので、どれどれ、と鹿の足跡を追って進む。

大きな沢にでた。

あ、空にはオジロワシ!
デカイぞ!
上空高く飛んでいるその姿はまさに空の大者!双眼鏡で尾が白いのを確認。
あまりに上空にいるため、デジカメでは撮影不可能。
しかし「いや〜今日は良いことがあったー!」と、しばし沢の雄大な景色にひたる。
さてもう少し進もうと、ふと山奥へ目を移した時、視界に巨大な影がスっと横切った!
その影は2mはあった。
我々は自分の目を疑った。

そこにはまさしく、カムイが居た。

声も出ないとはこのことか。
目の前にいるのは、野生のシマフクロウ!
見たくて見れたものじゃない。
逃げた鹿の足跡を追って、獣道をただ歩いて来て出会えた偶然・・・。
そのときの気持ち?
ん〜、何て言ったら良いかな?自分でも文字でどう表現したらよいか、
札幌に帰るまでミニオの中で運転しながら相当考えたが浮かばない。
アイヌの人たちが『コタンクルカムイ』と言っただけのオーラがあった。
足が震えた。

それは数分前に見た空の大者オジロワシでさえも小さく感じた。
その距離100m弱。
双眼鏡で確認・・・間違いない!希少種シマフクロウ!
「お願いだから飛んで行かないで」
祈るようにデジカメをそっと取り出す。


双眼鏡で再び確認。
警戒するでも無く、首をグルっと回転させ、よそ見をしている。
す、すごい。(何が?)
デジカメの映像は小さすぎてよくわからない。
スノーシューのザクザク音をたてながら、さらに近づく。

双眼鏡でまたまた確認。
まばたきをして、こちらを見据えている。時々よそ見をしながら・・・。
まったく、動物にして、拝みたくなるほどの風格。

さらに近づく。その距離30m。


やっとデジカメでも確認できる位置まできた。
逃げるようすなど全く無い。
何度も何度も礼をして、「ありがとう」と言ってカメラを懐に入れ、その場所を静かに去った。
振り返ると、いつまでも、いつまでも、こちらをじっと高い木の上から見ていた。
村の守り神・・・アイヌの人たちの気持ちが良くわかった。
見えなくなってからも、山に向かって礼をした。
川に魚が少なくなっている今日、がんばって、なんとかいつまでも生きて欲しい。
| comments(2) | 21:49 | category: アウトドア遊び |
スキーついにお片付け
ミニオの後部座席に積んであったスキーを今日、ついに物置へ入れた。
まだまだゲレンデは滑走可能だが、今の季節はスノーシューが一番楽しいから。

夕張マウントレースイ → 手稲オリンピア → サホロ → 富良野 → 糠平 → サホロ

と行った。
コケなかった!
どこも天候に恵まれた!!

来シーズンはミニオに是非スキーキャリアを買って道内中のスキー場を移動したいものだ。
・・・でも、私の140cmのカービングスキーには必要ないかもしれないが・・・。
たぶんまた無駄な買い物となるので、夢に終わるだろう。(なんと小さな夢か)
| comments(0) | 18:47 | category: アウトドア遊び |
キャンピング用品
最近はキャンピング用品が安い!
折りたたみのイスも980円で購入。
肘掛けの両方にカップが入るスグレモノ。
筒状になるので、ミニオの棺桶に余裕で入る。
それがアウトドア用品店とかではなく、
西友やらラルズマートやらと、そんぞそこらのスーパーで売っているのだから、アウトドア用品店もどっしりと店を構えている場合じゃないかもしれない。

最近ではダッチオーブンも激安中だ。
もう欲しいと思っていた人たちに行き渡ったのだろうか?
安いダッチオーブンはフタの密着度がイマイチだが、何かを暖める程度ならこれで十分。
食器類なら100円ショップに行けばほとんど揃う。
私のお薦めはジップロックやビニールテープなどの良く使う消耗品。
ナスカンやカラビナまで売っているのだが、これがまた
「絶対に登山には使用しないでください」との注意書きが笑えるすぐれもの。
一週間に一度は訪れているのだから、我ながらアホだと思う。
余計なモノを買わないように注意しながら・・・。
| comments(0) | 20:31 | category: アウトドア遊び |
自然の雨具
変わりやすい天気。
秋の空と秋の風、夜の澄んだ星空もやっぱり秋。
お盆を過ぎ、どんな猛暑でもやはり北海道は急激に気温が下がり、
そして私は久しぶりに風邪を引いた。
大会前の貴重な時期と体になんたる失態!
熱っぽい体ながら、運転前に薬など禁物!とそのままいつも通り十勝へ向かう。

朝もやや気合いの入らない中、
10時頃から出発した三頭のトレーニングの最中、先週に引き続きやはり雨が来た・・・。
風邪引きさんにはつらいのぉ・・・と思っていたけれど、そんな事も言っていられないほどの豪雨に、全員で木の下に逃げて、しばしの雨宿り。
革の鞍が濡れては困るので、そこら中のフキの葉を取って鞍と頭にかぶせ、少しでも濡れないように各自努力する。
10分ほどおかしげな格好で雨宿りの三人と三頭、耐えるのみ・・・。

帰りに先週大雨に当たって死んでしまった携帯電話に変わり、
最新の携帯電話カメラで撮影してもらったのがこれ。↓
フキの傘
まだ使い方わからず、ピンぼけしてしまったが、
チビな私は上半身が隠れて、すんばらしい雨具となっているではないか!
北海道のフキがデカくて助かった。

そして風邪のウィルスも「こんなアホな奴に宿ってられるか」と言って、
体から居なくなったようだった。

人間、気合いだ。
| comments(0) | 14:13 | category: アウトドア遊び |
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Archives
Search this site
Sponsored Links