<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | category: - |
ラーメン共和国
札幌らーめん共和国へ行った。


ここは北海道各地から厳選された8店舗のラーメンが集結しているアトラクションを思わせる作りになった空間が広がる。

正月休みということもあり、12時前に行ったがすでに人の行列。
ここで一番の行列の「函館塩ラーメン あじさい」へ直行。
すでに30人ぐらいの人が並んでいたが、並んでいればそのうち丁度良い時間になるだろうからと最後尾へ。

函館塩ラーメン 650円

昆布だしのあっさりした透明度の高いスープで極細面。
チャーシューメンでもないのに、大きくとってもジューシーなチャーシューが2枚入り!
圧倒的に塩が一番人気。(あたりまえか・・・)
札幌ラーメンとはあきらかに違うが、汗を流しながらスープは最後まで飲んでしまった。
次はどこへ行こうかな〜?

『札幌らーめん共和国』
TEL011-213-2111
http://www.sapporo-esta.jp/ramen/
| comments(0) | 20:58 | category: 美味しいお店紹介 |
うどん
近所の『味の民芸』という、うどん屋に行った。
「和風あんかけうどん」を携帯で撮影。
ちょっと何がなんだかわからなくなって失礼・・・。


コシも強くてしっかりした麺は、何より太さが一定じゃなくて手作りのあたたかみを感じる。
時々麺だけでも買いに来る。
寒い日は暖かいものを食べるのが一番!
何故かここのアツアツの「鶏の唐揚げ」のファンである。

『味の民芸』
http://www.ajino-mingei.com/
| comments(0) | 21:26 | category: 美味しいお店紹介 |
鹿追の豚丼
週末半鹿追の住人になって長いような気もするが、
鹿追の町で食事をするといえば、
当然「大草原の小さな家」か「カントリーパパ」でしかなかった。
やっと春めいてきて、大草原のレストランも昼間は行列ができるほどになってきたので、
小さな冒険をと、鹿追の豚丼を食べに「すぽっと」へ向かう。



小うどん(orそば)がついていて、750円は良心的。
ちょっとスパイスのきいた感じの豚丼で、お決まりのグリンピースが入り
肉も分厚くやわらかく味はうどんともに想像以上!
もう少し早く巡り会えばよかったかと思った。
他にカレーうどんや丼ぶり物もいろいろあったので、また気軽に訪れてみようと思う。

さぁ、明日は昼間から外でバーベキューさ!
| comments(0) | 20:24 | category: 美味しいお店紹介 |
帯広「バイプレーン」へ
乗馬のお客さんとともに、オーナーのお友達がシェフを勤める、
帯広市内のバイプレーンへ、夏休み初日にお食事に行きました。

ここのシェフはWWRCオープンパーティでも腕をふるってくれた
と〜っても腕の良いシェフさんです・・・が、かなり良いキャラしてます(笑)
でも料理に関する凄い知識と、そして・・・楽しい貧乏昔話が得意でお話が面白いんです。

サラダとともに出てきたカスベ。
冷たくてプリプリしたゼラチン状の食感と骨のコリコリ感。
これをスパークリングワインをさっとかけて、サッパリいただきます。

家でもよく食べますが、ワインはかけたことありません。
こんな食べ方もあるんですね〜。

黄色いトマトのガスパッチョ。

バルサミコ酢の酸味かな?それにタマネギかニンニクの辛みも少々。
これで食欲倍増なのだ。

ばんえい競馬場の馬糞たい肥を使用してることでも有名な大きな大きな十勝マッシュルームと、ホタテ。
気分はロンシャン競馬場♪


こちらはサメガレイの・・・トマトぉ〜なんとか?


私も大好きのキッシュ。


ここでやっとメインのステーキ登場!


付け合わせは、毎度登場いたします、この妙な機械。
このレストラン自慢のラクレット・オーブンです。


じゃがいもにトロっとチーズが落ちた瞬間を見逃すな!


十勝のいろんな種類のジャガイモと楽しめます。


素材の美味しい北海道ならではのレストランです。
シェフ(私は親方と呼んでいますが)のウンチクと昔話が非常に面白く、楽しい時間が過ごせました。
帯広行ったら、ぜひ「ふく井ホテル」へ。
| comments(9) | 08:47 | category: 美味しいお店紹介 | 昨年の記事
Selected Entry
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Archives
Search this site
Sponsored Links