<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Blogの凄いアクセス数
ブログの人気はすごい。
この「ミニオ日記」を立ち上げた時も
「他人が見るわけないだろうから」
と、自分の記録として始めたにも関わらずこれが結構なアクセス数。
「誰が見るのかな、こんなもの」
と思って続けたが、毎日平均30〜60ぐらいのアクセス数。
先日一日だけどこか人気のサイトにでもリンクを貼られたのだろう、
たった一日で800人の閲覧があった事もあった。
これには驚いたと同時に「ヘタな事書けん!」と緊張もしたものだった。

ここのところ土日は馬乗りが忙しいので、
ミニオ日記に書き込むネタも無く少々記録頻度が落ち気味だが、
その馬に乗っている一日をただ考えもなく
「今日はこうだった、あぁだった」とその利便性を活用して日記にし、
WWRCサイトの一頁として始めた「WWRCブログ」がこれまた凄いアクセス!
更新した日などは一日で100人前後のアクセスがある。
WWRCのトップページですら、年に数回あるか無いかのアクセス数を
ブログは立ち上げてから数週間でいとも簡単にやってのけた。

私自身、もともと文字を読むのが大嫌いなうえ、
更に人の日記やら写真やらを見るのもあまり好きではないため、
他人のブログがどんなもので、どう管理しているのか感心は無いし、
ブログの醍醐味とも言えるトラッグバック機能も削除する始末。
ブログで会話の輪を広げ、仲間を増やし・・・と言う考えなど無く、
できれば放っておいてほしい感じ(笑)。

話しは少し変わるがホームページに関しても、リンクを貼るのにメールくださいと書いてあっても無断でリンクを貼られるケースが多い。
それだけなら目もつぶるが、トップページではなくページを直接リンクして行く非常識なホームページ制作者も居る。
先日とあるホームページで勝手に人の掲示板を集めたサイトを見つけ、我がサイトも掲示板をいつの間にか直接リンクされた事により、おかげで平和だった掲示板に急に迷惑書き込みが増えるようになってしまった。
もともと仲間への連絡手段や遊びの一つの道具として始めたサイトだけに、非常に迷惑な話しである。

増えるアクセス数、喜ぶべきか??
| comments(0) | 22:54 | category: ちょっと一言 | 昨年の記事
お祭りより遠ざかる
水曜日から札幌で開催されている「よさこいソーランまつり」。
以前大通り沿いの会社に通勤していた時は音を聞きながら仕事して、
帰りは大通りをなかなか通してもらえず自転車で家に帰るのも一苦労。
たった数メートル向こうの歩道に行くのに何チームもの踊りを見せられた。
現在は南郷会場近くに通勤なので、会社の同僚が帰りに
「地下鉄はすごい人だった」と言うウワサを耳にする程度。
友人もチームを作って参加しているほどの熱の入れよう。
私は全道から札幌に集結してくる車の流れとは逆に今日も十勝へ・・・。
こんな行動を続けてもう何年になるだろうか。
よさこいが終わったら今度は神宮祭。
小学校の頃は1時間授業が終わったら、お小遣い片手に中島公園に走ったもの。
神宮祭とはイコール中島公園の出店だとばかり思っていた(笑)。
そして迷子センターで呼ばれている同級生を翌日からかった記憶、
東京カステラは必ず買わなければならないと思っていた事、
制服を来て噴水に飛び込んでいた学生を見て子供ながらに「あー成りたくない」と思った事などが思い出される。

6月の札幌、
祭りを楽しむか、市内から逃げるか、家でじっとしているか・・・。
| comments(2) | 16:13 | category: ちょっと一言 | 昨年の記事
本当に赤いのかぁ
いつもの鹿追からの帰り道。
日高からずーっと遅いトラックが先頭で、追い越し車線がしばらく無い樹海ロードでは後続の長い車の列もかなりイライラ気味だった。
これはいつものことであり、仕方のないこと。
だが一度追い越すとウップンをはらすかのごとく猛スピードで去って行く車の姿もいつもの光景。
危ないパターンは悪循環。
この国道には移動型オービスが待ちかまえており神出鬼没。
この週末は天気もよくドライブ日和で、家族や友人ずれの札幌ナンバーばかり。
ただの車にしか見えないオービスにノーブレーキで近づいて行き、
そして彼らは見事に赤く光られた・・・・。
実際赤く光ったのを見たには私も始めて。
昼間のように明るくても、遠くから見てもかなり強烈な赤。
50キロ制限のところを90キロぐらいで通過していたのだから、
さて、数日後どれほどの罰金刑か?
やっぱ、スピードの出し過ぎは危ないよね。
| comments(0) | 22:49 | category: ちょっと一言 |
人類月面着陸の頃の電子レンジ?
うちの電子レンジは古い。
それはずっとわかっていた。
でもずっと冷蔵庫の上に、いつも変わらずあるものだから、
別に何とも思わず毎日朝晩何度も使っている。
テーブルが回る?当然そんなものは無い。
タイマーダイヤルを適当に回してボンとスイッチを入れるだけ。
スイッチの音は“Pon”ではなくて、“Bom”である。
解凍もご飯暖めもミルク暖めも、たいていのものは1分。
足りなければ次ぎは30秒・・・と、その行動は頭で考えるより先に手が動く。

こんなページを見つけた。
【ナショナル電子レンジの歴史】
我が家の電子レンジに近いのは・・・アポロ11号月面着陸の時代!
ロッキード事件発覚時代タイプはすでにターンテーブル登場となっている。
型式はNE-6210。なるほど、性能的にもデザイン的にも丁度中間。
価格は10万円だったと聞く。

ターンテーブルは無いが、天井のプロペラが回ってるんだぞ!
本当に「チン♪」って金の音がするのだから、
「これチンして。」って言葉は我が家にいたっては正しい日本語。
今はどいつも電子音じゃないか。
実は結構新しい電子レンジは物置にあるのだけれど、
何しろ重いので冷蔵庫の上から動かすこともできず、
おまけに故障一つしないでずっと元気ときたもんだ。

さて、電気代はこれいかに?


こう考えてみれば、うちには
「おまえ、いつからそこに居る?」ってものが幾つか思い当たる。
人が見れば笑ってしまうのだろうが、私にとっては空気の一部。
現役引退するまえに写真でも撮っておくのもよいかもしれない。
数年前に「これメーカーの歴史館行きかも?」と言われたボイラーが故障したばかり。
写真撮っておけばよかったな・・・。
| comments(26) | 22:54 | category: ちょっと一言 |
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Archives
Search this site
Sponsored Links